今日は、近所にある金剛寺にお散歩に行ってきました。

金剛寺は正式名称を「青梅山 無量寿院 金剛寺」といいます。

 

本堂

 

その昔、平将門がこの地に来た時に、馬の鞭にしていた梅の枝を地面に突き刺し

「わが望み 叶うなら 根付くべし その暁には 必ず一寺建立奉るべし」と誓ったら

見事に根を張り、葉を茂らせたとのことです。

この将門の梅の木が境内にあります。

青梅

 

 

この梅の木がつける実はいつまでたっても青く、熟すことがなかったことから、

いつからか「将門誓いの青梅」と言われ、この土地の名も青梅と呼ばれるようになったそうです。

 

また、このお寺に京都蓮台寺の和尚さんが手彫りされた弘法大師(空海)の像が送られました。

弘法大師さまには、「遍照金剛(あまねく世界を照らす)」という別名があることから

このお寺の名前を「金剛寺」と名付けたそうです。

 

鐘楼

 

この梅の木以外にも、境内には見事な枝垂桜や鐘楼があり、

のんびりとした時間を過ごすことができます。

枝垂桜

関連する記事