明けましておめでとうございます。

先日、自宅近くの多摩川の河川敷を散歩していると、河原で石を集めている人に出会いました。

ロックバランシングという作品を作っておられるそうです。石を両手で丁寧に包み込み、重さを確認し表面の凹凸を優しく撫でていきます。そしておもむろに2個の石を土台の大きな石の上に上下に重ねて微妙に前後左右させながらバランスを調整したかと思うと、見事にその二つの石がピタっと直立しました。「地球の重力が接着剤なんですよ」と笑っておっしゃっていました。それから、ひょいひょいと大小の石を乗せて、あっという間に高さ50cmくらいのオブジェが完成しました。あまりの見事さに見とれてしまいました。

 

ロックバランシング

心を無にして石を触っていると、その石の重さが消えていき、一点だけ重心(足)になる部分が際立ってくるそうです。あとはその石の「意思」に従って重ね、バランスを整えていくと。ピタッと安定してくるのこと・・・この作業をしていると、自分が自然の一部になり、とてもリラックスしてくるそうです。

心を無にして患者さんと向き合い、患者さんのツボを探り当て、身体のバランスを整えていく鍼灸治療に通じる部分があるなぁと、感じながらしばらくの間その作業を眺めていました。

関連する記事